なぜ気功で治るのか?

気とは、宇宙エネルギーであり、命のエネルギーでもあると説明しました。生命体の健康を支えているものは、適切な気の量とそのエネルギーの巡回です。簡単に説明すると、人が病気になる時は、気の量が少なくなっているか、気が巡回していない時です。

現代の人のほとんどは、気の不足状態になっています。仕事のし過ぎ、社会の複雑化による社会的ストレス、家庭内ストレスかもしれません。あるいは、遊び過ぎ、バランスの崩れた食生活、空気汚染、食料に含まれる添加物や農薬によって、知らず知らずのうちに病気になって、気を減らしているのかもしれません。各々の気の不足の仕方あるいは循環不良の状況によって、色々な病状がそれぞれの精神や肉体に現れてきます。

人は、気功法により、気の量を増やし、それをうまく巡回させ、免疫力を高め、自然治癒力を強くし、病気等に対する抵抗力を上げることにより、本来の健康を取り戻すことができます。

気功法は、生物の免疫力、自然治癒力を強化し健康を回復させる方法のため、心、体すべての病状に効果があり、副作用はありません。

身近な奇跡へ»

自分で気を増やす方法へ»